売る時期について|情報サイトを活用するメリット|不動産の売却を行う

情報サイトを活用するメリット|不動産の売却を行う

玩具の家

売る時期について

ウーマン

売主と買主の立場の違い

ここ数年、土地の価格が下落をしてきていますが、そんな中でも不動産を高く売却しようとする人もたくさんいます。不動産を高い価格で売却をするのはかなり難しい状況になってきています。地価が下がっている場所に置いては当然高値で売るのは難しいですし、何より買主と売主の立場は平等ではないからです。買主と売主はどちらが有利な立場にいるでしょうか。これは時代によっても変わってきますが、不動産が余っている今の時代では買主のほうが有利です。なぜなら数ある不動産の中から選ぶことができ、逆に選ばないという選択もできるからです。売主としては、自分の土地のことしか見えていないことが多く、そうするとどうしても高値で売却できるのではないかと勘違いしてしまいがちです。

買主が有利

ですが、買主の立場で考えるのならば、数ある不動産の中から価格が安くてしかも有利な条件で購入できる不動産を探すことができます。売主が提示した売却価格では、高いと判断すればスルーされてしまいます。また、売買の時期も問題になります。売主としては、高く売りたいという思いもありますが、それだけでなく、できるだけ早期に売却をしたいという思いもあるはずです。なぜなら、早めに売れたほうがその後の予定が明確になるからです。ですが、この点に関しても買主が有利です。買主としてはよほど急いでいるのならともかく、そうでなければじっくりと数ある物件を比較をしながら選ぶことができるからです。もちろん売主側の都合も買主にとっては関係なしです。